二重

二重まぶたを作る埋没法の腫れについて

埋没法は、まぶたに糸を通して二重まぶたを作る二重整形なので、切開法より痛みを抑えることができます。その代わり、切開法より二重まぶたが取れやすいです。埋没法で二重まぶたを作るには、局所麻酔を行ってからまぶたに糸を通すことになります。この時、麻酔の量が多すぎると手術後にまぶたが腫れますが、1~2日で麻酔の影響による腫れは引きます。
また、大阪では埋没法による二重整形は糸の他に針を使用するので、手術中に血管に針が刺さると内出血が起こります。内出血の量が少ないと、まぶたの腫れには影響しませんが、内出血の量が多いと手術後のまぶたの腫れが酷くなります。
ちなみに、埋没法を担当する医師に大きく左右されますが、手術の早さに拘る医師もいるので、手術が荒くなることがあります。そのため、場合によってはまぶたに余計な痛みが伴ったり、まぶたが腫れやすくなったりします。大阪で経験豊富な医師は、手術の早さには全く拘らないので、手術が荒くなることはありません。また、優れた医師だと手術で無駄な動きをしないので、結果的に手術が早く終わることもあります。
そして、埋没法による二重整形を行う大阪のクリニックの殆どは、糸の太さが7-0の糸を使用するので、糸が太いのでまぶたの腫れが酷くなるという事態には陥りにくいです。埋没法は、メスを用いる切開法よりまぶたの痛みや腫れが少ないですが、担当する医師によっては痛みや腫れが伴ったりします。

二重まぶたの特徴

二重まぶたは、目が大きく見えるのが特徴で二重まぶたに憧れる女性はとても多いですよね。二重まぶたと言っても、平行二重のように幅が広めのタイプや末広がりタイプの二重、又は奥二重等の様々な種類があります。奥二重はパッと見て二重には見えない事や、目元のお化粧が難しかったり等の理由から平行二重に憧れる女性も多いようです。
最近大阪での二重整形は日帰りでできる場合も多く、その手軽さから、二重整形手術をされる方も大阪では増えているようです。大阪のクリニックで二重整形をする手術には、大きく分けて2つの方法があります。それは、埋没法と切開法です。埋没法はまぶたの裏側から特殊な糸を使って結ぶ方法です。
切開をする方法よりも術後の腫れが少ない場合が多いのも利点です。ただこの方法はまぶたの厚みが厚い方には向かない方法です。そして、糸で止めているだけなので外れたり等の理由で元の一重まぶたに戻る可能性もあります。
切開法はその名前の通り二重にしたいラインを切開する方法です。この方法の場合は一重まぶたに戻るという事はほぼありません。まぶたが厚い方にも埋没法よりは向いている方法と言えます。ただ、術後の目の腫れは埋没法よりも腫れる場合がほとんどです。どちらの二重整形の方法もメリットとデメリットがありますので、よく相談されてから手術をするようにしましょう。

二重整形をして前向きになる方が多い

二重整形をして気持ちが前向きになる方が多いと思います。私の大阪にいる知り合いにも二重整形をしたことがある人が何人かいますが、前向きになっているような気がします。自分の顔に自信がない、かわいくなりたい、もう少しこうだったら、と悩みがある人は多いと思います。
特に目が与える印象は大きいと思います。初対面や話すときに相手の目を見ることはよくありますよね。自分の顔や目に自信がなかったら下を向いてしまいがちになってしまうと思います。二重整形をして少し自信がつき、前を向けるようになったら色んな事が楽しめる思います。
もちろん顔を変えると言うことに抵抗がある人や、反対する方もいると思いますが、その人が前向きになれるのであればプラスになる事の方が多いと思います。
一重でまぶたが重かった人は鏡を見るのが楽しくなりますよね。メイクも楽しくなりそうな気がします。二重幅をメイクで変えていた方も、メイクする時間が短くなりそうですよね。下を向きがちだった人も人と関わるのが楽しく思えるかもしれません。
少しの変化で、いい方に気持ちが向くのであれば、私は二重整形に悪い印象は感じません。もちろん二重整形をする病院や手術してくれるお医者さんは大阪で腕のいい名前の通った人を選ぶべきだと思います。ぜひ大阪のクリニックで二重整形を。

コンテンツ

2017年05月29日

二重にしたい人の整形とは

いろいろな顔つきか世の中にはありますし、それが一つの個性であることは確かであるといえるでしょう。しかし、顔のどこそこの部分が気に入らない、と考えることはよくあることです。その中では二重にしたい、と考える人も多いでしょう。ですから、それはしっかりと理解しておきましょう。美容整形によってそれができるようになっているのです。やり方…

頬に手を当てた女性

2017年05月29日

二重の整形としてのやり方

一重か二重か、ということはとても顔の印象に大きく影響することになります。多くの場合、二重のほうがよい、という意識を持っている人たちが多いです。そのほうが目がパッチリと見えることが多いからです。ですから、二重にしたいと考えることは極々自然なことであるといえるでしょう。では、どうすればよいのか、といいますとこれは基本的に生まれつ…

ゴージャスな女性

2017年05月29日

二重整形をしたいときには

一重から二重、或いは少しは二重なのだがそんなに強く出ていないので少しでも綺麗に見せたい、ということがあるのであれば整形を考えてみると良いでしょう。極端にメスを入れるのが嫌だ、というのであればプチ整形もありです。そうしたやり方がありますから、安心して行うことができます。ちなみに技術的にはもうかなり浸透しているものであり、かなり…

綺麗な女性

2017年05月29日

埋没法による二重整形の失敗を抑えるために

埋没法で失敗の可能性を減らすには、医師に自分の希望としている二重のラインをきちんと伝えることがポイントになります。なぜなら、ただ埋没法を受けて二重まぶたにするだけでは、二重まぶたに違和感を感じるので元のまぶたに戻すことが考えられるからです。そのため、希望のラインを医師に伝えることで、思い通りの二重まぶたにならなかったので抜糸する可能…

目を気にする女性

ニュース一覧

2017年05月29日
埋没法による二重整形の失敗を抑えるためにを更新しました。
2017年05月29日
二重整形をしたいときにはを更新しました。
2017年05月29日
二重の整形としてのやり方を更新しました。
2017年05月29日
二重にしたい人の整形とはを更新しました。
新芽